共通メニュー等をスキップして本文へ
メニューの終端です。

2018年10月5日

平成30年度第3回 糖尿病教室 実施報告書

日  時:平成30年9月27日(木)14:30~15:30(受付14時~)

場  所:宮地病院 1階 健診ラウンジ

主な内容:1、はじめのあいさつ              薬局 薬剤師 三浦

     2、前回の復習           外来・健康サポート室 看護師 植地

     3、“あしはたいせつ”フットケア   外来・健康サポート室 看護師 植地

     4、糖尿病の運動療法    リハビリテーション科 作業療法士 大山

     5、おすすめレシピ            栄養科 管理栄養士 田村

     6、おわりのあいさつ      メディカル・フィットネス 健康運動指導士 岡永

スタッフ:福岡糖尿病専門医、都築内科医師、植地外来看護師、三浦薬剤師、

大山作業療法士、岡永健康運動指導士、総務松山、営膳芦田、医事課

管理栄養士 田村・山口・大久保・岡山

※上記の内、日本糖尿病療養指導士 田村(管理栄養士)

 配布物:100kcalマイサイズ 欧風カレー(レトルトパック) 1個

     150kcalマイサイズ マンナンごはん 1個

 

 みなさま、こんにちは。

 9/27に今年度3回目の糖尿病教室を開催いたしました。

 今回は「“あしはたいせつ”フットケア」と題して、フットケアをメインテーマで取り上げました。当院のフットケア担当でもある植地看護師から、講義とチェックポイントの後に、実際に参加者ひとりひとりに音叉とフィラメントの実技指導を行いました。参加者が興味を持って熱心にメモをとる姿がみられ、実技指導によって自分の足への関心が高まっていました。とても良かったです。

 また、リハビリテーション科 大山作業療法士から「糖尿病の運動療法」について講話があり、続いて誰もが知っている歌謡曲である坂本九の「上を向いて歩こう」にのせて体操しました。歌いながら楽しく運動する参加者の姿がみられ、大いに盛り上がりました。

 定番コーナーの前回の復習やおすすめレシピも含め、5段階評価で5.0点を頂く満足度の高い糖尿病教室となりました。

 今後も多職種で検討して工夫を凝らした満足度の高い教室を開催していきたいと思います。また、新しく加わったスタッフの視点や感性を生かして、今年度も糖尿病教室の更なる発展を目指してまいります。ぜひ、ご参加下さい。

〈文:管理栄養士 田村〉

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Twitter
Share on Facebook

ページの先頭へ

医療法人明倫会 宮地病院 〒658-0016 神戸市東灘区本山中町4-1-8 TEL:078-451-1221 FAX:078-431-0080
Copyright© 医療法人明倫会 All rights reserved.
シンボルマーク