共通メニュー等をスキップして本文へ
メニューの終端です。

2019年4月18日

平成30年度第6回糖尿病教室ご報告

日  時 : 平成31年3月28日(木)14:30~15:30(受付14:00~)

場  所 : 宮地病院 1階 健診ラウンジ

参 加 者 : 8名(糖尿病患者8名)

主な内容 :

 1、前回の復習           看護師 植地                

 2、検査値チェック         臨床検査技師 白川

  ・糖尿病の検査

  ・三大合併症

  ・写真を用いて検査の説明

  ・頸動脈エコー(実演)

 3、糖尿病と運動          作業療法士 小林

  ・運動療法

  ・運動時の注意

  ・運動の実践

 4、管理栄養士からのおすすめレシピ 管理栄養士 二宮   

 5、血糖コントロールを保とう!   管理栄養士 田村              

       

スタッフ : 福岡医師、臨床検査技師 白川、作業療法士 小林、

      健康運動指導士 岡永、看護師 植地、管理栄養士 田村・二宮、医事課

協力スタッフ : 総務 安本

配 布  物:デントヘルス薬用ハミガキ、賢者の食卓

準  備  物:パソコン、プロジェクター、机、椅子、デジカメ、お茶、紙コップ、トレー、

              糖尿病教室用教材各種

 

 みなさまこんにちは。

 春風の心地よい季節になりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

 宮地病院では、今年度、最後となる第6回目の糖尿病教室を開催しました。

 今回は臨床検査技師より「糖尿病の検査」、作業療法士より「糖尿病と運動」についてののお話がありました。

 「糖尿病の検査」では頸動脈エコーの実演がありました。なかなか見る機会が少ない実物の機械が目の前にあり、参加者、スタッフともエコーの動画に釘付けになりました。また、エコー実演の終了後は糖尿病の検査の質問が多くあり大変にぎわっていました。改めて検査の必要性の関心を高めることができる回となりました。

 「糖尿病と運動」では作業療法士より、椅子に座ってできる運動を実施しました。自宅でも簡単に行える内容で、参加者とスタッフ共に和気あいあいと楽しく運動を行いました。

 管理栄養士からのおすすめレシピでは春が旬の菜の花を使用したレシピを紹介しました。簡単に作れる内容になっているので、野菜が少ないなと感じる時に自宅で作って頂ければと思います。

 「血糖コントロールを保とう!」では食べ方について「ベジタブルファースト」や「ゆっくりよく噛んで食べること」の話があり、最終回で改めて食事療法への関心を高めることができたのではないかと思います。

 今年度の糖尿病教室は終了しましたが、来年度も多職種スタッフが皆さまの糖尿病治療のサポートをしていきます。ぜひご参加下さい。

(文:管理栄養士 二宮)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Twitter
Share on Facebook

ページの先頭へ

医療法人明倫会 宮地病院 〒658-0016 神戸市東灘区本山中町4-1-8 TEL:078-451-1221 FAX:078-431-0080
Copyright© 医療法人明倫会 All rights reserved.
シンボルマーク