共通メニュー等をスキップして本文へ
メニューの終端です。

2019年4月26日

オープンMRI装置のご紹介

 当院では、オープン型MRIを導入しており、閉塞型(筒形)のものと比べて圧迫感が少なく、閉所恐怖症の患者様でも安心して検査を受けていただくことが可能です。

 これまで、やむなくMRI検査を断念された患者様でも当院のオープン型MRIで 検査ができる可能性があります。お気軽にお問い合わせください。

 

オープンMRI装置 AIRIS Vento  0.3T

◆主な検査:ルーチン検査、MRA、MRCP、各種造影検査、拡散強調画像診断

 

 MRIとは、磁石と電波で体の中のあらゆる断面を画像化することのできる装置です。

  • 従来型MRIと比べ装置構造が開放性に優れたオープンMRIは、閉塞感からくる患者様の苦痛を大幅に軽減しています。
  • MRI特有の検査時の騒音も小さくなっています。
  • 最新技術により、さまざまな部位や疾患の検査において、幅広い診断情報を提供できます。
  • X線も使用していないので被ばくの心配もありません。

 

画像診断部門へはこちらをクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Twitter
Share on Facebook

ページの先頭へ

医療法人明倫会 宮地病院 〒658-0016 神戸市東灘区本山中町4-1-8 TEL:078-451-1221 FAX:078-431-0080
Copyright© 医療法人明倫会 All rights reserved.
シンボルマーク