共通メニュー等をスキップして本文へ
メニューの終端です。

2013年1月18日

第16回日本病態栄養学会参加

第16回日本病態栄養学会年次学術集会について

日付:平成25年1月12日(土)~13日(日)

場所:国立京都国際会館

カテゴリー:栄養教育・指導

演題:糖尿病教室による患者教育の有用性の検討

口演発表者:管理栄養士 田村 里織

共同研究者:医師 都築祐子、看護師 横山美希子、薬剤師 大垣裕子、院長 医師 宮地千尋

内容

 先日1月12日(土)、第16回日本病態栄養学会年次学術集会に参加して、当院の「糖尿病教室による患者教育の有用性の検討」について口演発表を行いました。

 発表では、多職種が協働して参加体験型の糖尿病教室を実施することで、楽しく学んで自然と体重や空腹時血糖値、HbA1c(JDS値)、BMIが下がり、血糖コントロールが安定していくという、当院の教室の特徴をしっかり伝えることが出来ました。質疑応答も活発で、実りの多い成果を得られました。

 携わって下さった全ての皆様に深く感謝します。ありがとうございます。

(文:管理栄養士 田村)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA第16回日本病態栄養学会結果1-1第16回日本病態栄養学会結果1-2第16回日本病態栄養学会結果2

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Twitter
Share on Facebook

ページの先頭へ

医療法人明倫会 宮地病院 〒658-0016 神戸市東灘区本山中町4-1-8 TEL:078-451-1221 FAX:078-431-0080
Copyright© 医療法人明倫会 All rights reserved.
シンボルマーク