共通メニュー等をスキップして本文へ
メニューの終端です。

2016年10月18日

平成28年度第3回糖尿病教室ご報告

日  時:平成28年9月30日(金)14:30~15:40

場  所:サンコービル3階大会議室

主な内容:1、検査について学ぼう             臨床検査技師 白川         

     2、足と向き合うフットケア            外来看護師 植地

     3、上を向いて歩こう♪              作業療法士 大山

     4、管理栄養士よりおすすめレシピ         管理栄養士 花房

     5、その他

        ・体重測定

        ・健康運動指導士村田よりRe-bornの紹介 

スタッフ:福岡医師、横山外来看護師長、臨床検査技師 白川・篠原、

外来看護師 植地、作業療法士 大山、薬剤師 佐藤、

健康運動指導士 村田、管理栄養士 村上・田尾・清水・井上・花房、

総務松山・安本、医事課

 配布物:ウレシオ

     デントヘルス薬用ハミガキSP

 

みなさまこんにちは。季節の変わり目、気温差が激しいですが体調は崩されていませんか?

宮地病院では、930日に今年度第3回目の糖尿病教室を開催しました。今回も検査項目、フットケア、運動、食事と内容がぎっしり詰まった有意義な1時間となりました。

検査については、白川臨床検査技師より糖尿病の基本的な検査に加え、頸動脈エコー、眼底検査等、検査項目についてお話しして頂きました。画像を用いた分かりやすいスライドで、メモをとる姿が多くみられ質問も飛び出しました。

植地看護師からはフットケアのお話しをして頂きました。モノフィラメントや音叉の体験も交え、フットケアの知識を深めて頂けました。足の手入れの場面では、参加者自ら靴下を脱ぎ、足を見る習慣をつけるきっかけ作りができました。

講話の後は皆さんに体を動かして頂きました。大山作業療法士の声掛けのもと、自宅でも簡単にできる運動を行いました。村田健康運動指導士も一緒に運動の指揮をとり、参加者全員が積極的に取り組んでおられました。

最後に、管理栄養士花房よりおすすめレシピとして、季節の野菜“なす”と今の時期に余りがちな“麺つゆ”を使用した簡単にできるレシピを紹介しました。

今回もどの場面においても参加者が真剣に取り組んでおられ、関心の高さが伺えました。

さて、第4回目は糖尿病食の体験の会です。糖尿病食とはどんなお食事?一緒に学びませんか?皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ちしています。

(文:管理栄養士 花房)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Twitter
Share on Facebook

ページの先頭へ

医療法人明倫会 宮地病院 〒658-0016 神戸市東灘区本山中町4-1-8 TEL:078-451-1221 FAX:078-431-0080
Copyright© 医療法人明倫会 All rights reserved.
シンボルマーク