共通メニュー等をスキップして本文へ
メニューの終端です。

2017年3月31日

平成28年度第6回糖尿病教室ご報告

日  時:平成29年3月17日(金)14:30~15:40

場  所:宮地病院1階健診ラウンジ

主な内容:1、糖尿病と低血糖~低血糖対処法をマスターしよう~  薬剤師 佐藤

     2、前回の振り返り              健康運動指導士 村田

     3、歯周病のお口のケア              言語聴覚士 福井

     4、おすすめレシピ                管理栄養士 花房

     5、その他

       ・体重測定 

スタッフ:福岡医師、横山外来看護師長、薬剤師 佐藤、言語聴覚士 福井、

     健康運動指導士 村田、外来看護師 植地、

     管理栄養士 村上・田尾・清水・井上・花房、総務 安本、医事課

配布物:デントヘルス薬用ハミガキSP、マービーサンプルセット、ブドウ糖

 

 みなさまこんにちは。春はそこまで来ていますが、まだまだ寒い日が続きます。体調は崩されていませんか?

 宮地病院では、先日今年度第6回目の糖尿病教室を開催しました。今回は薬と歯周病のお話の回で、とても充実した1時間となりました。

 難しいと思われがちな薬のお話ですが、佐藤薬剤師が覚えやすい語呂合わせ“はひふへほ(低血糖症状)”を紹介したり、分かりやすいスライドでの説明で参加者の頷かれる姿が印象的でした。

 前回の振り返りの場面では、村田健康運動指導士が運動療法の効果や目標設定のアドバイスなど、いつもとは違った目線で情報をお伝えしました。運動療法に積極的に取り組んでいらっしゃる参加者は教室出席率が高い事も発覚しました。

 そして、今注目されている糖尿病第6の合併症“歯周病”について、福井言語聴覚士から言語聴覚士目線ならではの、口腔内乾燥に注目したお話でした。口腔内の写真のスライドでは、参加者から驚きの声が挙がり歯周病へのリスク啓発に繋がりました。

 今回のおすすめレシピでは、歯周病の講話と関連しよく噛む事で歯を鍛えるレシピを紹介しました。食後高血糖に対するアプローチも行う事ができ、食事療法への知識を深めて頂けたかと思います。

 全体を通して、質問が多く飛び出し、今年度最後にふさわしい教室であったとスタッフ一同喜んでいます。

 これからも多職種スタッフが皆さまの治療のサポートをしていきます。来年度は糖尿病教室を始めてから10年の記念の年です!更にパワーアップしてまいります。

(文:管理栄養士 花房)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Twitter
Share on Facebook

ページの先頭へ

医療法人明倫会 宮地病院 〒658-0016 神戸市東灘区本山中町4-1-8 TEL:078-451-1221 FAX:078-431-0080
Copyright© 医療法人明倫会 All rights reserved.
シンボルマーク