共通メニュー等をスキップして本文へ
メニューの終端です。

2017年7月19日

平成29年度第2回糖尿病教室ご報告

日  時:平成29年7月6日(木)14:30~15:30(受付14時~)

場  所:宮地病院1階健診ラウンジ

主な内容:1、薬と仲良くなろう!~糖尿病治療の歴史とこれから~ 薬剤師 三浦

     2、前回の復習                  管理栄養士 花房

     3、糖尿病と歯周病                言語聴覚士 一見

     4、おすすめレシピ                管理栄養士 花房

     5、その他

       ・体重測定 

スタッフ:福岡医師、横山外来看護師長、薬剤師 三浦、言語聴覚士 一見、

     看護師 植地、健康運動指導士 村田、管理栄養士 村上・花房、

     総務 松山・真野、医事課

配布物:デントヘルス薬用ハミガキSP、やさしお、ラカント

 

 みなさまこんにちは。暑い日が続きますが体調は崩されていませんか?

 宮地病院では、先日今年度第2回目の糖尿病教室を開催しました。今回は薬と歯周病のお話の回でした。

 “藤原道長”日本人の糖尿病第1号と言われています。そんな糖尿病の歴史から講話は始まりました。難しいと思われがちな薬のお話を三浦薬剤師が薬の写真入りのスライドで一つ一つ薬の特徴を教えて下さいました。お薬手帳を開き、自分が飲んでいる薬を確認されている姿が多くみられました。また、注意が必要な低血糖症状について、覚えやすい“はひふへほ”の語呂合わせで紹介しました。質問も多く飛び出し参加者の頷かれる姿が印象的でした。

 そして、糖尿病第6の合併症と言われている“歯周病”について、一見言語聴覚士からお話を頂きました。口渇のメカニズムの切り口からはじまり、歯周病予防の一つとして、唾液分泌を促すための“宮地病院オリジナル嚥下体操”を参加者全員で取り組みました。大唾液腺の刺激方法も合わせて学ぶ事ができ、アンケートからも「実践してみます」との意見が多く好評でした。

 今回の管理栄養士おすすめレシピでは、夏場によく登場する素麺を使用した栄養バランス◎のレシピを紹介しました。電子レンジで簡単に調理できるのも最大のポイントで、やってみますとの声が多く聞かれました。

 これからも多職種スタッフが皆さまの治療のサポートをしていきます。次回は食事療法の回“スーパーへGO!昼食選びのポイント”です。是非ご参加下さい。

(文:管理栄養士 花房)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Twitter
Share on Facebook

ページの先頭へ

医療法人明倫会 宮地病院 〒658-0016 神戸市東灘区本山中町4-1-8 TEL:078-451-1221 FAX:078-431-0080
Copyright© 医療法人明倫会 All rights reserved.
シンボルマーク