共通メニュー等をスキップして本文へ
メニューの終端です。

ごあいさつ

宮地病院 理事長 宮地千尋 

 

 宮地病院は、1954年開設の甲南診療所を基に1962年に創立されて以来、患者様の立場に立った心のこもった医療と温かい介護を提供することを基本理念とし、地域の医療と福祉の連携に力を注いで参りました。二次救急。急性期医療を担う一般病棟、急性期の治療後に在宅復帰を目指す地域包括ケア病床、重症慢性疾患・難病のための医療療養病棟を柱に、救急から在宅支援、さらには関連福祉施設での介護、看取りまで連携した医療・福祉サービスを行なっております。また、地域の診療所や病院と医療機能を分担、連携し地域で迅速に対応できるよう努めています。

 私たちは、2016年度の行動スローガン「一笑懸命」を掲げ、活動を開始しています。笑顔を絶やさず肩の力を抜いて、目標に向かって全力で努力をしようと決意を新たにしています。法人内の関連施設である本山リハビリテーション病院、老人保健施設あずさ、在宅部門と協力し、住み慣れた地域でリハビリを継続し、最後まで暮らせるよう支援していきたいと考えています。

 時代の変遷、地域の変貌と共に、そのニーズに合わせて当院も変化してきました。変わらないのは地域の皆様の温かいご支援と当院の「人を大切にする」組織風土です。私たちは、院内で地域の方に気軽に参加していただける各種教室や楽しい企画を実施しています。また地域の皆様のもとに出かけて地域健康相談、認知症カフェ、物忘れ予防キャンペーン、地域のお祭り、地域クリーン活動などを通してコミュニティとの交流を深めています。これが私たちのCSR(企業の社会的責任)の一つと考えています。

 

沿革

 昭和37年、初代院長 宮地知男は、当時病床過疎の状況にあった東灘区に地域医療の一翼を担うべく、地域の診療所との緊密な連携、地域の二次医療(入院を必要とする医療)の担当、および神戸地区における消化器専門病院としての機能を果たすことを目標にして宮地病院を設立しました。

 昭和38年、兵庫県下でいち早く内視鏡検査室を設置し胃癌の早期診断に注力するとともに、増床・改築を重ね平成1年には200床の一般病院となりました。

 平成7年阪神・淡路大震災で当院は全壊しやむなく休院し、約190名いた職員は離散しました。地域住民、旧職員ならびに各界のご支援により、2年を経て平成9年に新病院を再建することができました。新病院は、震災後の東灘区で不足していると考えられた高齢者の入院医療、医療・福祉連携および在宅支援を重要な目的としました。

 その後患者様の病気を治すだけではなく、全人的に観てその生活も支えケアしていこうと考え在宅部門のサービスを充実させ、福祉施設の整備へと展開していきました。さらに地域リハビリテーションを推進し、リハビリで地域を支えるため本山リハビリテーション病院を開設しました。


宮地 千尋(みやじ ちひろ)略歴

昭和54年3月  神戸大学医学部 卒業
昭和58年3月  神戸大学大学院(内科学系) 修了
平成14年9月  医療法人明倫会 宮地病院院長
平成23年10月  医療法人明倫会 理事長

日本医学放射線学会専門医
日本内科学会認定医
日本消化器病学会認定医
日本消化器内視鏡学会指導医

兵庫県医師会理事

全日本病院協会理事

診察受付

午前診察月曜日~土曜日

8:30-11:30

夜間診察月曜日、金曜日

17:00-19:00

休診日

日曜日、祝日
年末年始(12/30~1/3)

神戸市東灘区本山中町4-1-8

078-451-1221

初診の患者様へ

ページの先頭へ

医療法人明倫会 宮地病院 〒658-0016 神戸市東灘区本山中町4-1-8 TEL:078-451-1221 FAX:078-431-0080
Copyright© 医療法人明倫会 All rights reserved.
シンボルマーク